【8月17日はインドネシア独立記念日】インドネシアが日本と協力して発展する理由

Business Indonesia

インドネシアは、1945年8月17日に独立を宣言しました。

本日で75回目の独立記念日となります。独立記念日である8月17日はインドネシアでは祝日とされており、街中は白と赤の国旗やテープ、飾りなどが施され、お祝いムードに包まれます。今年はコロナの影響で外出も制限された中での寂しい独立記念日となりそうです。

インドネシア独立

インドネシアは約300年にわたりオランダの支配を受け、第二次世界大戦中の1942年には、日本軍の軍政下におかれました。

日本が敗戦した翌々日、1945年8月17日に独立を宣言しましたが、オランダはこれを認めず、再び植民地化しようとしたことから、オランダとの独立戦争が始まりました。

独立戦争は4年も続き、最終的には、1949年12月にオランダがインドネシアの独立を認めるかたちで、インドネシアが独立国家となりました。

インドネシア国民が盛大に祝う独立記念日

ジャカルタの有名なモナスは、インドネシア語ではモナス(MONAS=Monumen Nasional)、「独立記念塔」を意味します。モナスがある広場の名称はムルデカ(Merdeka)広場、「独立広場」と名付けられています。
ジャカルタにある大統領官邸では、毎年8月17日に盛大な独立記念式典が行われ、大統領も式典に出席します。

独立記念日は祝日のため会社や学校は休みとなり毎年各地でイベントやパレードなども行われています。
各町内会では地域の人たちで協力し合いながら運動会が開催され、棒登り、綱引き、早食い競争などが行われます。

独立記念日はいつもと違うジャカルタの雰囲気で、インドネシアの人々は皆楽しそうに独立を祝います。日本も建国記念日など祝日がありますが、インドネシアと祝日の過ごし方が大きく違う事にびっくりします。

インドネシア独立には日本人が大きくかかわってきた

オランダは、300年にわたり、インドネシアを東インドと名付け植民地支配していましたが、1941年夏以来日本とオランダは敵対し、太平洋戦争が始まるとオランダは日本に宣戦布告して、1942年に日本軍がジャワ島、スマトラ島に進攻し日本軍政下となりました。

1945年8月15日に日本が太平洋戦争に無条件降伏した後すぐに、スカルノとハッタは1945年8月17日にインドネシア独立宣言を発表し、スカルノを首班とするインドネシア共和国が成立しました。

その後オランダとの独立戦争が勃発し、多数の日本人将校がインドネシアの独立戦争に参加しました。

インドネシア人に日本軍の武器を与えてくれ、日本軍将兵が独立戦争に参加したことで、オランダに勝利し正式にインドネシア共和国が樹立できました。
オランダは約300年間にも及ぶインドネシアでの影響力を失った瞬間です。

まとめ

以来、インドネシアは親日国として現在まで非常に良い関係が続いていると言えるでしょう。

インドネシアに対して日本は政府開発援助事業が多く行われ、現在のインドネシア発展の基礎を作り上げました。1960年代からは、日本企業も多くインドネシアに進出する様になりました。

過去の苦い教訓や歴史を現代の日本人が正しく理解し、インドネシアの成長を助け共に発展していく事が大事であると感じます。