インドネシアマカッサル

Makassar

インドネシア国スラウェシ島にある都市、マカッサル。インドネシアの都市の中で一番多く訪問し、一番好きな都市です。

スラウェシ島は、英語のKの文字の様な島ですが、ダイビングで有名な一番北の都市マナドから、マカッサルまで陸路で約1800Km、車で約3日~4日かかります。本州を例えると青森から東京経由下関とほぼ同じ距離です。日本の場合は高速道路がありますので、青森から下関まで全部高速道路で移動できますが、スラウェシ島の場合は、一般道(一部マカッサル市内だけ高速)での移動なので、とんでもなく時間がかかります。もちろん、大きな都市には空港がありますので、移動は飛行機中心です。

マカッサルは、南スラウェシ州の州都で人口は約150万人いる大都市です。ウジュンパンダンンという都市名だった時期もあり、マカッサルの空港コードはUjung Pandangの3文字のUPGだったりします。

昔は香辛料貿易で大変繁栄した歴史があり、ポルトガル人がこの都市をマカッサルと呼ぶようになりました。その後オランダが覇権を握り、マカッサルの要塞をロッテルダム要塞と呼ぶようになりました。その後もマカッサルは貿易で繁栄して、大都市に成長しました。今でもロッテルダム要塞の跡地は残っており、オランダの建築物を見る事ができます。

マカッサルは歴史のある都市ですが、最近は、タナトラジャで有名なトラジャに向かう観光客の玄関口となっています。マカッサルを観光の街とは言えないという方は多いですが、近くに海や山があり、平地が多いので農作物栽培が盛んですし、何と言っても食べ物がおいしい。グルメシティと言っても良い位、おいしい食べ物がたくさんあります。食べ物の紹介は、次回ご紹介したいです。 マカッサルの良さをこれからご案内したいと思います。

 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!