津波伝承「スモン」に救われたシメウル島民

Indonesia

2004年と2005年にインドネシア・スマトラのアチェ地震の震源地は、シメウル島のすぐ近くでした。しかし、スマトラ本土より震源が近かったにもかかわらず、シメウル島の被害は少なかった。その理由について解説します。

アチエの地震

アチェ州はインドネシアのスマトラ島の北端に位置し、災害、いわゆる地震や津波に対して非常に脆弱である。これは、アチェ州がインド・オーストラリアプレートとユーラシアプレートが交わる地質学的な位置にあるためである。

多くの人がこのことを知ったのは、2004年12月26日の地震と津波で何千人もの人が亡くなり、バンダアチェの中心部は壊滅的な被害を受けました。

2004年以前は、アチェの人々は津波が何であるかさえ気づいていなかった。

2004年にマグニチュード9.2の地震が発生した後も、アチェではマグニチュード5から6の地震が発生し続けています。

このような状況のため、アチェの人々は、今までの歴史的で深刻な被害を軽減するために、これらの災害が引き起こす可能性のある、現実的な脅威を知る必要がありました。

シメウルに伝わる言葉「スモン」とは?

地域の知恵は、深刻な被害を防ぐための早期警告となり、住民が理解しやすく、適応しやすく、利用しやすいものでなければなりません。

度重なる地震・津波災害のリスクを軽減するためのシメウル島地域の知恵として「スモン」SMONGという言葉があります。この言葉は津波に言及したもので、シメウル島の現地語であるデバヤン語から言われたものです。

スモンとは、大きな地震の後に巨大な波が発生することを表す言葉で、シメウルの住民全員が理解しています。

それは、歌、短い詩、子守唄、物語などで伝えられるシメウル族の先住民文化の一部でした。

2004年の地震と津波の大災害では、当時約68.000人の住民がいるシメウルで7人の犠牲者が出ただけであったことは興味深いことです。

2004年12月26日にアチェを襲った大地震では、地震発生後数分でシメウルの海岸地域全体で避難を余儀なくされました。

震源地から40km南に位置するシメウル島の北端に位置するランギ島では、揺れが収まってから10分も経たないうちに津波の高さが10mを超えました。

人口の多いシメウル島南部では、平均3mの波が襲い、村全体が破壊され大きな被害をもたらしましたが、幸いに「スモン」の言い伝えのおかげで、人的被害は最小限で抑えられたという事実です。

オーラルヒストリーとして「スモン」が伝わる

シメウル島では、過去に1907年に起きた大津波の際の行動が島のオーラルヒストリー(口述歴史)として言い伝えられており、「かなりの」揺れが発生した後はすぐに丘に逃げ込むことでした。

シメウル島民は大津波の際の必要な行動を知っていたため無数の命を救いました。

一方で、アチェ本土の方は、シメウルとは比べ物にならない、はるかに多くの犠牲者を出してしまいました。

インドネシアで度々地震が発生した後、2004年の津波で大量の犠牲者を出さずに済んだオーラルヒストリーについて、島の人々が語り続けます。

ラスキン空港からシナバンへの主要な町への道に沿って、新しい家が建てられています。

「セモン」は命を守る子守唄

シメウル島民は、子供の頃から津波の子守唄を聞かされて育ったという。
地震発生からわずか数分後、人々は津波を意味する「セモン、セモン」と叫び、できるだけ早く家の裏山に逃げ込むように言っていた。

1907年の地震の直後、人々は海が後退し始め、サンゴと魚が露出していることに気づきました。
島の人々は、魚を集めるために浜辺に走って行きました。
ところが、海水がすぐに戻ってくることを知らなかった。

サンゴが露出した海は再び浸水し、家の裏手にある丘の途中まで達したそうです。

大地震の後大きな津波がくるという経験で、後世に二度と同じ過ちをしないようにと伝えたものでした。

シメウルの小学生に、地震が起きたらどうするかを声に出して言ってもらいました。

津波の前兆があるかどうかしばらく待って、水の波が来そうになったらすぐに丘に行く、という事をみんなで叫んでいました。

子供の頃、津波の子守唄を聞かされて育ったと言っています。

津波は自然のお風呂の水であり、地震は自然の見破りのようなものであり、それを尊重しなければならないが、恐れてはならないと。

それは地質学的に不安定な場所での平和をもたらす方法です。

地震や津波の時に何をすべきかを教えるための非常にシンプルで分かりやすい方法のように思えますが、非常に効果的であることが証明されています。

この島を訪れたアメリカ人とインドネシア人の科学者は、太平洋地域にすでに設置されているようなハイテク津波検知システムでは、地震の震源地に近いため、シメウル島の人々を津波から救うことはできなかっただろうと述べている。

警報が鳴った時には、すでに波が来ていただろう。

津波による島の公式な死者数は7人だったが、シメウルエ島の人口68,000人、地震の強さ、震源地がわずか40Kmしか離れていなかったことを考えると、この犠牲者低い数字は奇跡に近いものだった。

 

人気記事世界で急成長を遂げているホテルチェーンOYOホテルに泊まってみた

人気記事わかりやすい!インドネシアで就労ビザ取得方法!